年賀状は、新年のご挨拶という形で、お正月に届くように郵便に出すものであり、お年玉付き年賀はがきの場合は、宝くじも楽しめるようになっております。
しかし、最近は、インターネット等の情報技術の発展により、わざわざ、年賀状を出すのではなく、メールで済ますということも良く見られるようになりました。
これは、相手の住所が分からなくても、メールならば、気軽にあいさつができることがその理由の一つと考えることが出来ます。
しかし、メールよりは、年賀状の方が正月の感じがして、嬉しいものでもありますので、出来れば、年賀状を使った新年のあいさつにしたいものであります。

ところで、来年はヘビ年であり、脱皮を繰り返して成長する生物として知られるヘビは、未来に向かって大きく成長することを連想させる縁起の良いものとされておりますが、タツ年の次に来るので、少しグレードダウンしたような感じもします。
しかし、タツは実在しない生物であることと比較して、ヘビは、実在する生物であります。
そのため、来年は、少しリアルを感じることが多くなりそうな年になるかもしれません。
それが、良いように作用するのか、悪いように作用するのかは、当事者次第であり、予め心の準備をするなど、前もって意識していなければ、不意打ち的にリアルを体感しなければならなくなります。
そのようなことを少しでも減らす意味をヘビという生物に込めて、違和感なく伝達する手段は、新年のあいさつができる年賀状が最適の手段であると考えられます。

そんな、年賀状を送ることにより、人の幸せを向上させることができるということは、とても良いことであり、年賀状が多く社会に出回るということは、幸福な社会の現われの1つと見ることもできます。
そのため、年賀状を送るという行為は、世界の平和と幸福を実現する行為ということができるので、年賀状は、この人類社会に必要な物であると考えることが出来ます。
しかし、忙しかったり、経済的事情などから、年賀状を出すことが出来ない人もいると思います。
また、家族や身内に亡くなった者がいる場合も、年賀状を送るべきではありません。
そのため、年賀状を出さない人がいても、その人を攻めることなどはするべきではありません。
また、年賀状を送って、返事が返ってこないことに腹を立てるべきでもありません。
そのため、年賀状は、募金やボランティア的な感覚で、見返りを期待しない感覚で出すことが、年賀状を出す上で大切な心構えと考えることが出来ます。

Leave a Reply

Required fields are marked*

*